水泳ドライランドトレーニング

タイムを伸ばすための科学的トレーニング

 タイムが伸びない、泳ぎ以外のトレーニングをどう指導していいかわからないなど水泳のトレーニング方法で悩んでいませんか?

 

そのような方におすすめのトレーニング方法があります。

 

これは、水泳の日本代表選手も取り組んでいるタイムを伸ばすための科学的トレーニング方法になります。

 

でも安心してください。
これは、オリンピック選手レベルの人だけでなく、子供からマスターズスイマーまで年齢やレベルの関係なくできる

 

ケガをしないで速く泳げるカラダの作り方

 

です。

 

こんなふうに思っていませんか?

 

  • スピードアップのために筋トレはもちろん毎日やっている
  • まだ子供なんだから今は筋力も足りず、タイムが縮まらないのは当然
  • もう歳だから筋力もスピードも衰える一方

 

もちろん、水泳の練習なら、水中のトレーニングをするのはあたりまえです。
毎日毎日泳ぎ込んでいれば、確かにある程度速度も速くなっていきますし、日に日に距離も長く泳げるようにはなります。

 

しかし、あるときそれでは自分の限界がくることを感じるでしょう。

 

プロフェッショナルな泳ぎを習得したいならば、自分の体を自分の体重で支える自重トレーニングが基礎中の基礎です。また、正しいトレーニング方法を実行しなければせっかくのトレーニングに費やした時間は、無駄になるどころか怪我を引き起こし、水泳上達を妨げるどころか選手生命が絶たれる危険性まであるのです。

 

そのためにもトレーニング方法の知識が必要です。

 

この「水泳ドライランドトレーニング」には、水泳に必要な筋力がすべて鍛えられ、今より速く泳ぐためのようになるためのトレーニング法を誤ったやり方にならないよう、丁寧に紹介されています。

 

どうぞご自分のトレーニング方法や指導方法の参考にしてください。

 

⇒水泳ドライランドトレーニング~ケガをしないで速く泳げる身体の作り方~ 【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】はこちら

トップへ戻る