背泳ぎが速くなる方法

背泳ぎの正しい泳ぎ方をマスターする教材

背泳ぎ

 泳ぎが苦手、スピードがでないと悩んでいる方もいるでしょう。自分ではうまくできているつもりでもタイムが伸びない、練習しているのに変化がないなどの場合には、何らかの原因があります。スポーツにおいて、伸び悩む時期はだれしもあるものです。ですが、自分でその状況を乗り越えることも必要なことのため、いろいろと試してみるということも大切です。
また、きっかけやコツをつかむことでその悩みから脱することができる場合があります。自分に合うコーチに出会う、指導がいい場合には、今まで悩んできたことがうそのように、改善される可能性もゼロではありません。そのため、コーチとの出会いなども重要な要素です。それ以外にも練習法によって悩みが解決することもあります。

 

 背泳ぎに関しても速くなる教材などをチェックしてみて練習法を学び、実践することで自己ベスト更新を目指しましょう。特にプルのキックのタイミング、キックで推進力がないという方にはおすすめです。

 

背泳ぎでひたすら泳ぐ、トレーニングをする方もいるでしょう。抵抗を減らす泳ぎ、タイムが伸びるためにとがむしゃらに泳いでも結果がでないというのは改善すべきポイントもわからずにただ、練習しているにすぎません。そのような練習法では、いつまでたってもタイムは伸びず、誰かと競っている、ライバルがいても差をつけることは難しいでしょう。ですが、背泳ぎが速くなる教材ならば、子供のうちから背泳ぎをはじめていない、大人になってからはじめた方でも水に対する感性の向上、スピードアップできるようになるため、練習法を学んでみることが大切です。

 

 スピードアップときくと、練習もかなりハードなものをイメージする方もいるでしょう。ですが、必ずしもハードなトレーニングをしたからといって結果に結び付くとは限りません。これは水泳のみならずどのスポーツでもいえることです。この点からも、背泳ぎで早くならない原因を練習法によって徹底的に改善していくことになります。それほどハードなトレーニングは必要ないため、一人でもできる、実際には小中学生であってできる内容です。

 

また、メールなどによってサポートも充実しています。疑問などある場合にはメールでわかりやすく解説してもらえるため、安心です。また、内容が比較的細かい解説のため疑問なども解消されやすく、具体的な内容であるため、その後の練習もしやすくなるため、サポートも利用していきましょう。

 

90日以内に自己ベストが出なかったら、全額返金!

 

>>>背泳ぎスピードアップ・プログラム【北京オリンピック200m背泳ぎ代表 中野高 監修】DVD2枚組はこちら

 

トップへ戻る