バタフライが速くなる泳ぎ方

バタフライでベストタイムを出す正しい泳ぎ方

バタフライ

バタフライは一見すると難しそうにも見えますが、リズムとリラックスを意識することで速く泳げるようになります。とはいってもクロールや平泳ぎに比べると、その難易度は高いと言えるでしょう。

 

泳げるけれどもバタフライはなかなか難しくてできないという人も多いものです。ドルフィンキックは上手にできても、上半身との連携やタイミングがうまくつかめないという人も多く見られます。
泳ぎに慣れてくると、タイムを縮めようとすることから、変に力が入ってしまいます。力ませに泳ぐと上達するどころか、体を痛めることにもつながります。特に腰に負担のかかる泳ぎなので十分な注意が必要です。また体の使い方を確認することができたら手の使い方を意識することも大切です。上達できずに悩むようであれば、おすすめのものはビート板です。

 

頭をしっかりと横に倒し、ビート板を片手にもって横うねりの練習を行います。腰の高さは水面を意識してできるだけ左右対称になるようなフォームを意識しましょう。ビート板を利用することでサイドキックの動きを繰り返すことができるため、初心に返り自分の悪い癖を見つけることができます。しばらくビート板を使い練習を行い、大丈夫そうであればビート板を使わずにサイドキックを練習してみましょう。

 

実際にプールでこれらを意識して練習することが大切ですが、やはり上手な人の泳ぎを目で見て覚えることも重要です。近年では水泳が調達するための練習法やコツなどが収録されたDVDも販売されています。このような教材を利用することで独学であっても効率的に練習することができるでしょう。

 

スポーツ用のDVDは様々な競技のものがありますが、水泳のバタフライも存在しています。競泳の場合には泳法ごとに教材が異なるのが一般的で、その理由は泳法が異なると練習方法も異なるからです。

 

おすすめのDVD教材は「バタフライスピードアッププログラム」です。元短水路日本記録保持者で、現在は明治大学水泳部の監督を行っている佐野秀匡が監修しています。一般の水泳教材とは異なり、バタフライに特化した内容となっているため、このDVDを見ることで短期間で効果的に結果が出るトレーニング方法を知ることにもつながります。

 

体力や体格に頼ることのない方法であるため、速くなることを望んでいるスイマーには非常にお薦めの教材と言えるでしょう。二枚組のDVDで、解説も非常に分かりやすいと評判です。

 

>>>バタフライ・スピードアップ・プログラム【明治大学水泳部監督、バタフライ200m元短水路日本記録保持者 佐野秀匡 監修】の詳細はこちら

 

トップへ戻る