泳ぐのが速くなる教材

クロールの基本的な泳ぎ方

 水泳競技では自由形と呼ばれていて、最も一般的な泳ぎ方のひとつがクロールです。クロールは足をバタバタと動かし手は交互にかくことで前に進みますが、ただ力任せに手足を動かしても上手に泳ぐことができません。では上手にクロールをするにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

 

まずは姿勢ですが、下半身が沈まないように体を水平に保ちます。脚の動きは強く蹴ろうと意識して膝を曲げすぎないことが大切です。確かに膝を曲げると脚で水を叩けるので、その分だけ速く泳げるような気がしますが蹴る力が推進力につながりません。

 

そのため、脚の蹴りはあまり膝を曲げずに、脚全体を鞭のようにしならせることが大切です。次は手の動きですが、まず手を入水させるときはできるだけ抵抗を受けないように少し手を外側に開くようにして人差し指から水に入れます。

 

次に脇を閉じすぎないようにしつつも、身体の近くの水を掻くように腕を動かします。

 

そして、腕を大きく使って太もも近くまで水を押し出して腕を抜きます。全体的なポイントとしてはあまり力みすぎないことです。

 

特に長い距離を泳ぐ時はゆったりとしたダイナミックなフォームでスムーズに泳ぐことを心がけましょう。また、クロールで最も気をつけたいのが息つぎです。息継ぎをするときは頭を水から出すという感覚よりも、腕を回す延長で顔を上に向けるようにします。

 

というのも、顔を上げようとしすぎると、顔と一緒に状態も水面から出て前に進む力に対してブレーキがかかってしまうからです。

 

この他にも頭の方向も抵抗を大きく左右する要因になります。進行方向を意識するあまりに顔が前を向きすぎても抵抗が大きくなりますし、逆に顔が下を向きすぎても水が後頭部にあたり推進力が弱まってしまいます。

 

このようにクロールでは手と脚で力強く水を押すと同時に身体全体が水の抵抗を受けないようにしましょう。そして上手にクロールができるようになるとあまり力まずとも上手に泳ぐことができるようになります。

 

⇒クロール<自由形>で速く泳ぐコツと練習方法を元オリンピック選手が伝授

選手・指導者が見るべき正しい泳ぎ方教材記事一覧

 もしもあなたが水泳の大会に出たり、オリンピックを目指したりする選手ならばこれを見るべきです。JOCオリンピック強化指定コーチの藤森善弘が教える「水泳ベストタイム更新プログラム~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~」藤森善弘先生は、日本体育大学スポーツ局競泳部ヘッドコーチやJOCオリンピック強化指定コーチの肩書をもち、92年から2軸理論による泳法研究を手がけ、2軸クロール理論を確立しました。これで泳ぐ...

 水泳を上達し好成績を残したいと考えているのにものの、学校やお仕事が忙しく十分に練習する時間が確保できないという方やしっかりと練習しているのにも関わらず速くなる事ができなかったり、終盤になると速度が落ちてしまい表彰台を逃してしまうという悩みを抱えているスイマーは少なくありません。理想的な結果が得られない日々が続いてしまうと水泳自体から遠ざかってしまう可能性が高く、好きで始めた事が嫌いになってしまう...

バタフライは一見すると難しそうにも見えますが、リズムとリラックスを意識することで速く泳げるようになります。とはいってもクロールや平泳ぎに比べると、その難易度は高いと言えるでしょう。泳げるけれどもバタフライはなかなか難しくてできないという人も多いものです。ドルフィンキックは上手にできても、上半身との連携やタイミングがうまくつかめないという人も多く見られます。泳ぎに慣れてくると、タイムを縮めようとする...

 泳ぎが苦手、スピードがでないと悩んでいる方もいるでしょう。自分ではうまくできているつもりでもタイムが伸びない、練習しているのに変化がないなどの場合には、何らかの原因があります。スポーツにおいて、伸び悩む時期はだれしもあるものです。ですが、自分でその状況を乗り越えることも必要なことのため、いろいろと試してみるということも大切です。また、きっかけやコツをつかむことでその悩みから脱することができる場合...

 子供が泳げないけど、水泳をどう教えたらいいのかわからないというお父さん、お母さんがけっこういらっしゃいます。・まったく泳げない・水を怖がる・顔を水につけることすらできない・10メートルも泳げないなど、幼稚園や小学校低学年のお子さんにはよくあることです。高学年になると塾や習い事で忙しくなりますし、今のうちにと考えている親御さんも多いようです。高学年に入って泳げない子供はちょっとカッコ悪いですよね。...

水泳をしてる人にとっての悩みは、なかなかスピードが上がらないことです。特に女子の平泳ぎの場合には、泳ぐ力もさることながらやはり男子にはかなわないものがあります。とはいえ、競争をするときには所指導して行いますのでその中でも速くなる方法さえ身につければ断然有利になるでしょう。そこで、速くなるための教材などがあればそれを取得することが重要になります。水泳の教材などが本当にあるのかといって疑問もあるかもし...

トップへ戻る